乳腺炎

●乳輪下膿瘍

慢性の乳腺炎[にゅうせんえん]
授乳・ホルモン分泌とは関係なく、若い女性によくみられる、乳輪の下にできる慢性の乳腺炎です。乳首のひっ込んだ人にできやすく、乳輪の下に痛みのあるかたいしこりができては破れて膿[うみ]が出ることを何回もくり返します。

根本的に治すには膿のたまった袋を完全に切除して、同時に中にひっ込んでいる乳頭が外に出るように形成手術をしなければなりません。