乳腺炎[にゆうせんえん]

炎症性の病気の代表
急性乳腺炎のほとんどは授乳期、ことに産褥期[さんじよくき]にみられ、うっ滞性乳腺炎と化膿性乳腺炎[かのうせいにゅうせんえん]の2つに分けられ、それぞれ治療法が異なっています。慢性のものでは乳輪下膿瘍[にゆうりんかのうよう]と呼ばれる病気があります。

●急性うっ滞性乳腺炎

若い初産の女性の分娩後2〜3日のころによくみられるもので、乳管から乳汁の排出障害があるために、乳房の腫れと軽い発赤[ほつせき]と熱感が起こります。初産の場合、乳管が狭いので乳汁が詰まってしまうことが原因と考えられています。

治療としては乳汁のうっ滞を取り除くために、乳房を温めて血液の流れをよくし、乳頭と乳輪をよくマッサージして授乳をつづければ、症状はすぐにとれてきます。

●急性化膿性乳腺炎

分娩後2〜6週のころに、うっ滞性乳腺炎[たいせいにゆうせんえん]の途中で乳頭の傷口から化膿菌が入ってこの病気にかかります。全身に寒けやふるえが出て発熱(38℃以上)し、乳房がかたく赤く腫れて激しく痛みます。その後炎症は1カ所に固まってきて膿瘍[のうよう](膿[うみ]の塊)をつくり、時には自然に破れて膿が外に出ることもあります。

治療は初期には乳房を冷湿布して、乳汁は搾乳[さくにゆう]します。乳房は安静を保つためブラジャーなどで固定し、マッサージはしてはいけません。抗生物質と鎮痛薬・消炎薬を内服します。

膿瘍ができたら、注射針で刺したり(膿を吸引する)、局所麻酔をかけて皮膚を切開して膿を出さなければなりません。